FC2ブログ

けもな~バルドのブログ since2005/03/21

ここには「バルド」の日記や絵を掲示しています (表人格の「アキト」も出現するかも)

貰ってしまいやした!

こんばんはぁ~・・・
陰陽大戦記、5分ぐらい見逃したッス orz
今日に限って、予約してないうえに研究室出るのが遅くなったッスよ。
うぅ・・・ちょっとブルー(o;ω;o)
まぁ、そんな気分も吹っ飛ぶものを頂いてしまったッス!


りっく様から相互リンク記念絵頂いたッス♪

ご存知「風の詩 空の旅」りっくさんから、相互リンク記念絵のお返しを頂いてしまったッス!!
クロドさんに、俺の分身ッスよ!
クロドさんに抱っこされて・・・分身だけど、ものすごい羨ましい・・・
カ ワ レ
俺 と カ ワ レ!!w
りっくさん、本当にありがとうございました~♪
忙しい中、こんな素晴らしいものを贈って頂けた俺は、世界一の幸せものッス!

陰陽大戦記の感想を簡単にするッスよ。
最初が見れなかったのがショックで、ちょっと覚えてないとことかあるッスから^^;

リクの両親が生きているという、あからさまな罠をかける地流。
それでも、リクは両親に会ってやりたいことがあるみたいッスね。殴りかかったりしないだろうか・・・
ちょっと、リクの様子がおかしいッスな。
結局、一人で指定場所に向かうリク。
コゲンタの台詞がまた・・・
「俺は何があっても、お前の味方だ。たとえどんな罠があろうと、このコゲンタ様がお前のことを守り徹してやるぜ。」
しかも最後にニコって!ニコって笑うんですよ!!
もう、そんなコゲンタにノックアウトッスw
そして、やっぱり罠だったわけで。
リクを守ると約束したコゲンタが、落ち込んでいるリクを必死に守る姿は・・・かわえぇ(マテ
いあ、もちろん感動もしたッスよ!
だけど、あの姿は感動と共にもうひとつの感情を呼び起こすッス^^;
両親への想いをもてあそばれ、リクがとうとうキレてしまったッス!!
リクの暴走により大降神したコゲンタ。
敵を倒しても攻撃の手を止めないコゲンタとリク。
マサオミさんの言動からすると、今回もマサオミさんが一枚かんでるッスかね?
しかし、リクの様子を見てマサオミさんの表情が変わった。
恨みや怒りなどの感情で、式神の力を使わせるつもりではなかったらしい。
土下座をしてリクに謝るマサオミさん。
う~ん、味方なのか?わかんないッス・・・
保護者参観に、マサオミさんはともかく、ソーマとイズナは来ていいのかなぁ・・・
なんか違和感が^^;
結局長くなってしまったッスなぁ・・・
やっぱり陰陽大戦記のことになると書きたくなるみたいッスw


増えたリンクに関しては、明日紹介いたしやす。
というわけで、今日はこのへんで~終了っ!
スポンサーサイト



  1. 2005/05/19(木) 19:45:19|
  2. 貰い物展示付き日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<一気に紹介ッス! | ホーム | りっくさんへ>>

コメント

我思う。

りっくさんの絵って暖かいよね。
なんでだろう。色使いが上手いのかも。
僕もしっかりと勉強させていただきます!
  1. 2005/05/20(金) 22:37:08 |
  2. URL |
  3. 流星ラルク #-
  4. [ 編集]

いいッスよね~

りっくさんの絵って、ほのぼのしてて見てて和むッス。
色使いも暖かいし、線も柔らかいッスね。
こんな絵を描けるようになりたいなぁ。

ちなみに、ラルクさんの絵も俺は好きッスよ♪
りっくさんとは違う感じだけど、ホッとできる絵ッス。
  1. 2005/05/20(金) 23:19:28 |
  2. URL |
  3. バルド #C7/Q7/AY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bald.blog6.fc2.com/tb.php/60-12893b08

バルド

03 | 2020/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2005 bald. All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.